読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows8 アップグレード版(2013年1月末までのキャンペーンの事もちょっとだけ)

コンピュータ 趣味

2013年1月末までWindows8 アップグレード版が発売される。

このアップグレード版にはパッケージ版とダウンロード版が存在する。

大きく違うのはメディアがついてるかぐらい。

ただし、パッケージ版には64bitと32bitのメディアがついてくるが、ダウンロード版は購入する端末上で動作してるOSによってどちらか一方のみしかダウンロードが出来ない。

 

で・・・

アップグレード版っていうくらいだから、クリーンインストールが出来ないって思いがちだけど、そんなこたーない。

1点だけ注意が必要なのは、まっさらなHDDにインストールするとライセンス認証が通らない。

なので、手持ちのWindows7をとりあえずインストールして、その上からWindows8クリーンインストールしてやればOK。

 ※ダウングレード版もDVDメディアに書いてメディアからインストールが可能なのでクリーンインストール可能です。

もし、他にWindows7以前のライセンスを持ってないのに安いからってアップグレード版を買った貴方。焦らなくても大丈夫!

ライセンス認証が通らないだけで、Windows8はインストールが可能なので、同じライセンスキーでWindows8を2度同じHDDにクリーンインストールすればOK。2度目にインストールしたWindows8は正常に認証が通る。

 ※インストールされてたWindowsがなんなのか、ちゃんと認証されてたのかまではチェックされてないようだw

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)

 

ちまたで話題になってるのが、Media Center Packライセンス。

これは、Windows8から削除されたDVD再生機能などを有効にするライセンスなんだけど・・・既存のライセンスを上書きしてしまう。

これを悪用してKMSサーバーで認証したのち、Media Center Packライセンスで上書きすると、認証期限の無い正式なWindows8 Proとなる。よい子はマネしちゃいけない。

マイクロソフトにしちゃー結構な穴ライセンスなんだけど、このMedia Center Packライセンスは2013年1月31日までに認証が終わってないと使えなくなるようだ。

このため、複数のMedia Center Packライセンスを取得しておいて、後で追加ライセンスを購入した時に使おうってのは出来ない。

っていうか、2013年1月31日以降に再インストールしたらMedia Center Packはあきらめるしかないようだ。

 

おまけ・・・

ライセンス認証がされていないWindows8でMicrosoft UPDATEすると、実行されるものの、正常に適用されず元の状態に強制的に戻されてしまうw

起動が早いはずのWindows8が10分近くかからないと起動が完了しないってことになるので、ライセンス認証はかならずしましょうwww