読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球選手って個人事業主なんだってね

プロ野球選手が貰ってるのは年棒っていうから給与所得だと思ってたら、事業所得になるんだってね。

なので、税法上はプロ野球選手は1人1人が個人事業主で自分を商品として球団と契約をしているって事なのかな?

 

そんなわけで、3年目以降の選手で1000万円以上の年棒を貰ってる選手は消費税を納めないといけないそうな。

1億円プレーヤーなら500万円の消費税を収める必要がある。

さらに、所得税も払わないといけないのだからプロ野球選手も大変だわ(--;)

 

ところで・・・何かを買ったわけじゃないのに消費税を払わないといけないってのはどういう事なんだろうか?

気になったのでちょっと調べてみた。

 

お店でモノを買ってお金を払う時、一緒に消費税を払っていると思う。

その消費税はお店のモノになるわけではなく、国にかわって徴収しているだけなので、後で税金として納めないといけない。

 ※ただし、新規で事業を立ち上げた2年間と1000万円以下の売上の場合を除く

 

なので、プロ野球選手の貰ってる年棒は消費税込の金額って事になる。

年末になるとスポーツニュースで契約更改のニュースが流れるが、今年からはちゃんと(税込)って書いてあげて欲しいものだ(^^;)

 

それじゃ、Jリーガーはどうなのかっていうと

実は年棒1000万円以上貰ってる選手のほうが少ないようだ・・・。大丈夫かJリーグ(--;)

一部の高額年棒の選手はプロ野球選手と同様に消費税を払ってる(はず)

 

何かを消費してる訳じゃないのに『消費税』ってのは釈然としないけど・・・そういう税法って日本は多いよね。。。 

 

いっそ、国会議員も個人事業主って事にして年収から消費税を納めて貰うってのはどうだろうかね?