読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞 2014

久しぶりに牝馬 G1で直線一気の差し切り勝ちのレースを観た。

フクノドリームが大逃げを打った展開で最後の直線でもハープスターは最後尾。

残り300くらいではフクノドリームの逃げ切りもあるかな?と思ったけど、流石にもたずに残り200くらいで馬群に飲み込まれる。

ハープスターよりも前で競馬してたレッドリヴェールの方が有利かな?と思ったが、ゴール直前でしっかりとクビ差をつけてハープスターの勝利。

ここ4年は連続でディープインパクト産駒が桜花賞を勝ってるんだよな。

クビ差で2着のレッドリヴェールもさすがの2歳女王馬。ステイゴールド産駒だけにオークスでの距離延長は大丈夫だと思うけど、ハープスターにあの勝ち方をされたら負けを刷り込まれちゃったかもしれないね。

まぁ、刷り込まれるって話は昔読んだ「血とコンプレックス」に書かれてたんだけどねw

 

血とコンプレックス―秘密の日本競馬

血とコンプレックス―秘密の日本競馬

 

 

内容は(競馬や血統に興味があると)すごく面白かったんだけど、この本を読んだ後からは、さっぱりと馬券は当たらなくなりました(^^;)

深読みしすぎちゃうんだろうねwww

 

払戻金は1番人気と2番人気が1着2着やったので、18-12の馬単でも450円。

3連単も3着が5番人気のヌーヴォレコルトだったので18-12-10で2,540円とガチガチでした。

間違いなく馬券買っても外してたなwww