読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずざっくり

Windows10がリリースされたのでアップグレード連絡はいつ来るのか期待してたが、どうやらMicrosoft側のサーバが負荷に耐えられないみたい。
一部ではWindows Updateの更新履歴に『Windows10 Proにアップグレード 失敗』と出てる人も居るみたい。

そんな訳で待ちきれないオイラは捨て環境がイロイロあるのでWindows 10(ソフトウェアのダウンロード)から更新プログラムを入手

32bitと64bitがあるので実行するパソコンの環境にあわせてダウンロード。

実行するとそのパソコンをアップグレードするかメディアを作成するかを選択する事が出来る。

メディアはOSや32bit/64bitに関係無く全バージョンをダウンロードする事が出来る(まぁ、全部のISOを落とそうとすると6回実行する必要があるんだけどねw)

 

ところが・・・

メディアから起動してクリーンインストールするにはWindows10の正式なプロダクトキーが必要だと・・・。

まずはWindows7 sp1かWindows8/8.1からアップグレードを実施。

その時にユーザデータやアプリケーションを引継ぐか、何も引継がないかを選択してアップグレードするので、クリーンに近い環境にしたい場合は引継がないを選択。

 ※1度アップグレードした環境であればメディアからクリーンインストールが可能って事なんだけど・・・まだ試してないw

 

自宅サーバKVMゲストにWindows7 Starterをインストールして、そこからWindows10 Homeにアップグレードをしてみた。

更新プログラムのチェックが延々と終わらない(--;)

CPUスペックが足りないのだろうなぁ。。。使用率100%で2時間くらい動いてるw