読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年はダメなパターンだな(^^;)

たまにG1で馬券を買うくらいなのだけど、昨年の有馬記念みたいになんとなく引っかかる馬がいる場合は馬券が当たることが多い(決して100%じゃないけどw)

そして、今年は全く自分のアンテナに引っかかる馬が居ない(^^;)こういう時はたいがい本命で決まるんだよなぁ。

 

そんな今年の有馬記念で本命に押されてるのは1枠1番 キタサンブラック

なんと、1枠1番で出走したレースは4戦4勝らしい(^^:)

 

2番人気は6枠11番 サトノダイヤモンド

今年の菊花賞馬で、皐月賞が3着、日本ダービーが2着とクラッシックを着実に着順を上げてきてる。

 

3番人気は1枠2番 ゴールドアクター

去年はこの馬にピン!と来て、サウンズオブアースとの組み合わせで当たったんだけど、2連覇とかイメージが・・・。

ただ、父親と違って有馬のあともそれなりに走ってるんだよねw

 

4番人気は3枠6番 サウンズオブアース

下手にグレードレースの2着とかに入ってるので賞金はある程度かせいでるのだけど、最後に勝ったのは2年前(2014年)のはなみずき賞なんだよなぁ(^^;)

種牡馬になった時の評価を考えるとG1の勲章がそろそろ欲しいよなぁ

 

5番人気は8枠16番 マリアライト

8番人気で突っ込んできた今年の春のグランプリ・宝塚記念を勝ち馬。去年の有馬記念も4着と好走してる。

狙いどころではある

 

※ 人気順は2016年12月23日(金)の発売分オッズから

さて、ここからは当たらない穴馬予想(笑)

本能では本命対抗で決まるレースだと思ってるんだけど、そこは少額投資で高額配当を狙う者としてはガチガチの本命は買えないので狙い馬を探してみた。

 

7枠14番 シュヴァルグラン

あっ、6番人気だったのでそんなに穴馬でもなかった(^^;)

成績をみてると宝塚記念で5番人気で9着や京都新聞杯で7番人気で8着なんて着順もあるのだけど、馬券に絡まない着順なのは2200m以下のレースだけなんだよな。

つまり、2500mの有馬記念だと3着までに突っ込んでくる可能性が高い・・・と思う。

 

う~ん、その他の馬が来たら天候やら馬場状態やら展開やらがその馬にあったからだと諦めるしかないって事で、今年の有馬記念は後だしじゃなくて、ちゃんと先に予想を出してみる

 

14   シュヴァルグラン
2  ゴールドアクター
1  キタサンブラック
6  サウンズオブアース
11   サトノダイアモンド

 

この5頭の組み合わせ。ただし、全部の組合せは買えないので3連複で5パターンくらいまで絞り込む予定。

 

 発売中のNumberは有馬記念の特集

コンビニでチラッと読んだんだけど、記憶に残る有馬記念の特集なのに「トウカイテイオー」は含まれてない。

なんでなんだろう?と思ってたら、誰かがブログでトウカイテイオーに乗ってたのが、あの騎手だからか・・・って事が書いてあった。

ゆうきまさみの「じゃじゃ馬ぐるーみんUP!」 という漫画で『天才』と『天才肌』の違いを描いてたけど、『天才肌』の方だからなぁ。

あぁ・・・そういう事もありえるなと思ってしまった。

じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)

じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)

 

 ※天才は理にかなった勝ち方をするが、天才肌は言ってる事が一般人には理解が出来ず説明がつかない勝ち方をするジョッキーの事らしい(笑)