読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!飲み会に行こう!?

GWも残り1日。

後半はこれといって予定は無かった。

Zenfone3の代金が引き落とされたりとかであまりお金を使うのもなぁ~ってのとか、人が多いところ行っても結局気分が悪くなるからなぁ~とかイロイロと言い訳はある。

実家の親に「休み中ずっと家に居て何してるん?」と聞かれた時の返事は「休みは休むためにあるものだから休んでる!」と謎の迷言を残した(笑)

 

ただ、GW前半は少し出掛けたりもしてたんだけどね。

その1つに交友範囲を広げる為、謎の飲み会に潜入ってのがあった。あえての単独潜入は連れが居ると本音で話が出来ないかな?って思ったからだ。

で・・・まぁ、世の中にはイロイロな人が居るなぁ~ってのが感想(笑)男が10人・女性が9人くらいだったかな?
参加していた個性的だった一部の人を紹介しよう(^^;)

 

1.すげーハイテンションな男性
なんかもう・・・どう表現して良いのかわかんないけど、部屋に入ってすぐに『こいつとは会話したらあかん』と本能が訴えてきた(笑)
その本能の判断は正しかった!女性も男性も「奴には近づくな」って気持ちで団結してた気がする(^^;)

 

2.着物を着た男性
最初、京都だけに何かのお師匠さんかと思った。
気になったのだが、席がかなり遠くて飲み会の席では聞く事が出来なかった。
しかし!YAPCで英語も話せないのにLarry Wallに話しかけたオイラにゃ怖いものはないw
飲み会終了後、店の前で「着物って何か職業で着られてるんですか?」と思い切って聞いてみた。

「いや、こういう飲み会ではいつも(目立つ為に)着てます」

う~ん、なんて清々しい回答だ。見た目は『吟じます』とか言い出しそうな感じだったのだけど・・・(^^;)

 

3.くるみ餅を推す女性
オイラの隣に座ってた男性は同い年の良い感じの人だった。
よくよく話を聞いてみると、どうやら社長さん。確かにすげーカッコイイ腕時計をしてた。
そんな社長さんが一時期だけ大阪の堺に住んでたと話をしたとたん。
「堺の名物って知ってる!?くるみ餅って言うねん!なんで知らんの美味しいのに!!」
と、すごい勢いでぶっこんで来た女性が居た。
堺に反応したのか、社長に反応したのか知らんけど。。。
まぁ、興味が無かったので詳しいプロフィールを聞いてないが、後で別の参加者から聞いたところ、高校生の子供が居るらしい。
ボサボサの髪型とか・・・とてもそんな風には見えなかったが(--;)

 

4.怪しげな趣味に走る女性
どうも3の女性とお友達らしい。
紅茶キノコの会やミュージカルキャスト体験とか気になるイベントがあるとホイホイと参加するそうな。
Facebookで流れてくるそうなんだけど、オイラはそんなイベント見た事ないのだが・・・(--;)
ちなみにオイラは44歳っすと言うと、「ほ~らやっぱり・・・」と言ったっきり返事が無かったので、年上のおねーさんだったのだろう。
いや、別に口説いてた訳じゃないので年上でも構わないんですけど・・・と心の中で思いつつ・・・。

5.女性不信の病院事務員男性

1の男性の隣で終始苦痛を感じてたらしい。
見知らぬオイラに助けを求めてくるくらいだったのだから、相当参ってたのだろうな(--;)
会社では部下はほぼ女性で自分の事を男性扱いして貰えないらしく、職場の同僚とかで飲み会とか行くことなんて無いから参加したらしい。
30代後半くらいかと思ったら1つ年下なだけだった。
女性が全く居ない職場も出会いは無いが、女性ばかりの職場だと不信になるのかと一つ勉強になった(^^;)

 

6.孫が2人居る男性
枚方から来てた女性を熱心に口説いてる男性が居た。
聞いた訳じゃないのに「さっきもうフラれた」と言ってたが、その割にはその後も結構頑張ってた。

後で聞いたところ、孫が2人居て19歳の子供と同居してるとか・・・
しかも年齢がオイラよりも1つか2つ上だそうな(--;)
子孫を残すってのはそのくらいのパワーが必要なんだね・・・と密かに思った(笑)

でもまぁ、正直なところは認めるが、流石にそれを聞いてから口説かれても断る以外の選択肢は難しいんじゃなかろうかね。

 

7.兄貴の同級生・・・
一番びっくりしたのは、実家から数百メートルくらいに住んでる兄貴の同級生(女性)が参加してた事(--;)
実家の場所を言っただけでフルネームを言われた時は思わず吹き出しそうになったが、その時点ではまだ誰かオイラは気づいてなかった。
職業とか兄貴の同級生とか聞いてるとようやく誰かわかった。
とりあえず「このことは内緒で・・・」とだけ伝えて大人しくしてた。

 

さて、そんなこんなで2時間の飲み会が終了。
店の前で2次会どうする?みたいな話になってた。
とりあえず、どんなグダグダでも2次会までは参加する事を今回の目標にしてたオイラは比較的ライトな2次会グループに紛れ込もうと決意してた(笑)

 

同い年の社長さんとは仲良くなって連絡先くらい交換をと目論んだが、どうやらハイテンションな男性に連れられて2次会に行ったっぽいので今回はスルー。

怪しげな趣味に走る女性は他にどんなイベントを言ったか聞いてみたかったんだけど、もれなくくるみ餅を推す女性もついてくるので軽く誘ってみたが、くるみ餅を推す女性がハイテンションな男性の2次会についていったので止む無く一緒に行動するようだったのでスルー。

 

ハイテンションな男性の2次会は絶対に無理と思ったオイラは一旦解散してMOVIXで再集合ってグループに紛れ込んだ。
男性2人と女性2人にオイラの5人。特に飲みたいって感じではなかったので無難にカラオケに行くことに。

普段なら歌わないって意地を張るところだけど、知らない人ばかりやし女性の一人がカラオケで歌った事が無いと言ったので2人が抜けると白けるなと思って全力で歌う事にした(笑)

・歩いて帰ろう(斉藤和義

・Still Love Her(TM Network

・空よ(陣内大蔵

・魔法って言っていいかな?(平井堅

・どんなときも(槇原敬之

たしか、こんな感じだったと思う。1曲忘れてるかも(--;)まぁ、いいや

 

という訳で、交友関係はほぼ広がってませんが、世の中にはイロイロな人が居るなぁ~ってのは感じた1日でした(笑)

 

 

 

ちなみに・・・Larry WallとはPerlのこんな本とかを書いてる有名な人。

Programming Perl: Unmatched power for text processing and scripting

Programming Perl: Unmatched power for text processing and scripting

 

  

プログラミングPerl〈VOLUME1〉

プログラミングPerl〈VOLUME1〉