読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS7のmessageログ

Linux

CentOS7のMessageログには

  Started Session XXX of user AAAA
  Starting Session XXX of user AAAA

なんてエラーが大量に吐かれる。

検索するとsystemdのログレベルを下げる方法が多いんだけど、RedHatのナレッジベースにフィルタで抑止する方法が書かれてるらしい。

元ネタはこちら:

ALL about Linux: CentOS7 で systemd: Starting Session を抑止する方法(rsyslogd のフィルターで抑止)

 

RedHatのナレッジベース:

Logs flooded with systemd messages: Created slice & Starting Session - Red Hat Customer Portal

 

どうやら/etc/rsyslog.d/にフィルタ用のコンフィグを置けば良いみたいなのね

ナレッジサイトではignore-systemd-session-slice.confとしているが、たぶん.confって拡張子にしておけば読込んでくれるのでファイル名はなんでも良いと思う。

 

systemdのログレベルを下げる対応だと必要なログも見逃す可能性もあるので、こっちの対応が良いと思う。