読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅サーバにSSHで繋がらなかった件

4月11日に自宅のルータが壊れたのは16日のブログに書いた通り。

色々残念な仕様だったけど、NECのルータのまま(^^;)

で、先週末にSSHで繋ごうとしたら繋がらない。

VNCWindowsにも繋がらない。

でも、ホームページは表示されてるからネットが落ちてるって事はなさそう。

う~ん。ポートマッピングを間違えたかな?と思いながら実家に帰って設定を確認したが特に問題は無く、なんだろうとNginxのログを見てみたらドイツのIPアドレスからCMSなどの脆弱性を探すような大量のアクセスが!!

あぁ。。。これね(--;)

NECのルータに禁止IPを設定する機能なんてねーよな・・・と思いながらも一応見てみたが、やっぱありませんでした(笑)

しょうがないのでとりあえずiptablesでアクセスしてくるドイツのIPをセグメントでがっつりDROPしたら外部からSSHが繋がるようになった。

う~ん、NECのルータがしょぼくてセッションオーバーだったのだろうか?同時セッション数とか気にしてなかった(--;)

このままでも良いのだけど、iptablesに直接登録してくと見づらくなるし、リスト出すのも遅くなるのでipsetを導入してみた。

CentOSならepelリポジトリにあるのでyum install ipsetでインストールが可能。

まずは、BLACKLISTという名のベタベタなのを作成w

  ipset create BLACKLIST hash:net

ここに、コマンドで禁止IP(セグメント)を登録していく

  ipset add BLACKLIST 5.9.0.0/16

次に、iptablesにipsetで作ったBLACKLISTを設定する

  iptables -I INPUT -m set --match-set BLACKLIST src -j DROP

 

ipsetもiptablesと同じく再起動するとセットした内容が消えちゃうので

   ipset save | tee restorecommand

てな感じでリストア用のファイルを作成。

再起動時に

  ipset restore < /root/restorecommand
てな感じで読み込ませればOK。とりあえずrc.localに書いといた。

iptables

  sevice iptables save

としておけば設定ファイルを作成してくれるのでOK

注意点としたら、fail2banというiptablesを制御してアタックを止めるツールが入ってるんだけど、これを動かしたままiptablesをsaveするとfail2banのルールまで保存されちゃうのでfail2banを起動したらルールが重複してしまう(--;)

iptablesをsaveする時はfail2banを一度止めましょう(^^;)

 

 

Linux Firewalls: Enhancing Security with nftables and Beyond

Linux Firewalls: Enhancing Security with nftables and Beyond

 

 

続きを読む

ルータが壊れた(--;)

火曜日に兄貴から実家のネットが繋がらないとメールがあったので、とりあえずルータを再起動して貰うが復旧しなかったので週末対応になった。

 

で、週末に帰ってルータを確認するとDIAGのLEDが点灯しててちゃんと起動してこない。

使ってたのはBUFFALOのWHR-G301N。確かYAMADAかソフマップかで4,000円くらいの特価で買ったやつだと思う。

BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N

BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N

 

その前に買ったPLANEXのMZK-WNHはまだ壊れてないのだけどなぁ・・・って思ってたら、どうも火曜日に停電があったらしい。
その影響で壊れた可能性はあるなぁ(--;)

それで、ルータの買い替えなんだけどeo 100M ホームタイプなのにGigaルータにこだわった(笑)

あまりじっくり調べる時間は無かったので自分を信じて価格で勝負(笑)

ここで注意点!!

最近はWiFiで接続する事が主流になってるからだと思うのだけど、Giga対応!と書いてあるルータでも安い価格帯の製品はLAN側のポートは100M/10Mってのが多い。

そこを削って価格を抑えてるんだろうね。

 

最初はASUSのRT-AC1200HPを買う予定だったのだけど、これもLANポートが100M/10Mなんだよね。

 で・・・口コミに左右されない為にヨドバシの店舗に行って口コミを参考にしないで選ぶ事にした。

選ぶポイント

 1.価格が10,000円以下できるだけ安い方が良い

 2.無線はacが使えて5GHzに対応してると良いな

 3.WANもLANもポートは全てGiga対応

 4.LANポートの数は多い方が良い

 

これを踏まえて探してみると、5,000円以下の場合はほぼ3番が対応してない。

京都のヨドバシの置いてある商品ではIO-DATAとNEC WG1200HPが5,000円台で購入が可能。

もう1,000円出せばELECOMやBUFFALOもあったのだけど、今回は実家ので自分が主に使う訳じゃない(でも、どこからも予算は出ないので持ち出し。。。)

なので、NECの WG1200HPを購入してみた。

 うむぅ。買った後で気づいたんだけど、LANポートが3つしかないのね(--;)ここでもLANポートを削って価格を下げたのだろうなと感じた。

 

NECはかなり久しぶりに使うんだけど、う~ん・・・簡単に使えるように設定は出来るけどイロイロ細かい事をしようとすると対応してなかったりする。

例えば「ポートマッピング」ポートをマッピングするんだから80ポートを8080ポートに変換するとか出来ると思うじゃないですか?

でも、出来るのは「ポート転送」のみ。つまり80ポートの通信は指定したIPの80ポートにしか渡す事が出来ないという残念仕様。

これもSSHくらいなのでサーバ側のポート番号を変更して対応した。

80ポートはNginxのProxyで転送してるので問題無しw

 

まぁ、最初にも書いた通りグローバルの回線が100Mbpsしか出ないのでそもそもの体感速度はそんなに変わらない(笑)

 

基本的なところは復旧出来たはずなので、後はどのくらい耐久性があるかだなぁ・・・。

しばらく壊れませんよーに(笑)壊れるなら保証期間内にしてくださいなwww

本日の豆知識(笑)

まず、ドラクエⅪは2017年7月29日(土)に発売決定。3DSでも出るのでPS4やSwitchは買わない気がする。

 

流石にまだAmazonに商品が登録されてなかったので、とりあえずドラクエⅩを貼ってみる(笑)

実はオンラインゲームなので遊んだ事ないのだけどね(汗)

 

あっ、豆知識でしたね。

この前、ドコモFOMA SIM(ガラケーかけ放題+SPモード) + AEON SIM + Zenfone3の環境にしたんだけど、FOMA SIMをガラケー以外に入れて使うと『指定外デバイス使用料』という料金が500円掛かります(^^;)

まぁ、スマホのかけ放題が2,700円なのでガラケーかけ放題の2,200円との差額なのでしょうね。どうも、音声通話でもIMEIが取得できるらしくてドコモのガラケーIMEI以外で利用された場合、かけ放題プランだと『指定外デバイス使用料』が発生するみたい。

とりあえず、「端末保証」ってのが380円だったので解約した。だって、ドコモの端末じゃないんだもの(笑)

 

で・・・そんな事をしてるとauガラケーをいかに安くでスマホにするかって話が聞こえてきた。

ちなみにauのパケット代金はデータプランに未加入(金額上限なし)だと2MBのメールを受信なんてした日にゃ

 2,000,000バイト ÷ 128バイト = 15,625パケット
 1パケット = 0.2円らしいので

 15,625パケット × 0.2円 = 3,125円

つまり、ちょっとスマホで撮影したちょっと高画質なメールを送るだけでガラケー(データプラン無)では3,125円もかかってしまう(--;)

 

そりゃースマホにするならデータプランの契約が必須とかキャリアの人は言うよな。。。

で、auのキャンペーンで初めてスマホを契約する場合は月額が2,980円になるってのがある。

www.au.com

元々はauガラケー契約者だけが対象だったのが2017年3月1日から他社ガラケー契約者や18歳以下で初めて契約する人も対象になった。

また、最大3年だったのが機種変更するまで利用可のって変更になった。

で、気になるのが機種変更の判断。

通常はauに行って新しいスマホにしたらって事なんだけど、機種変だけじゃなくて契約内容が更新される手続きを行った場合に適用外になっちゃうらしい。

つまり、1GBのデータプランに契約をする必要があるのだけど容量が少ないなぁ~と思って変更するとその瞬間に2,980円契約は終了となる(らしい)

ただ、中古のスマホSIMフリースマホなどにSIMを差し替えて使った場合、ユーザで入れ替える分には契約内容が更新されないのでキャンペーン適用のまま利用が可能になる。

しかし・・・最近auでは特に何も指定がなければVOLTE対応AndroidスマホだとVOLTE対応のSIMになるらしい。

このSIMはちょっと曲者でLTE端末(VOLTE未対応)だと電波を掴まないそうだ。もちろんCDMA2000にも未対応(--;)

この為、Goo g07+やZenfone3 DELUXEの様にCDMA2000に対応したスマホに差し替えて利用しようと考えてる場合、VOLTE対応じゃないスマホを選択する必要がある。

で、この端末だけど費用を出来るだけ安くしたいのであれば型落ちを選べば良いのだけど・・・それだとVOLTE端末になる可能性が高い(--;)

iPhone系にしとけばVOLTEに対応してないので必然的にLTE SIMになる(はず)

 

 

 

どうもauを通話のみにして、MVNO格安SIMをデータ通信として使う契約をしてDSDS対応機種に突っ込んで費用を抑えたいニーズはあるけどauの通信規格が違いすぎてなかなか難しいらしい

う~ん、ドコモは比較的簡単だったけど、auはかなり面倒だわ(--;)

 

まぁ、ezwebのキャリアメールさえ不要であれば選択肢ももう少し増えるんだけどねwww

ドーーーーン!!

なんと、ギミア・ぶれいく』内の10分アニメだった『笑ゥせぇるすまん』が4月から『笑ゥせぇるすまん NEW』として新作アニメが放送開始。

偶然チャンネルを変えたら1話目が放送してたので観てたw

 

warau-new.jp

 

心の隙間を埋められないようにしなきゃな(笑)

 

笑ゥせぇるすまん [完全版] DVD-BOX

笑ゥせぇるすまん [完全版] DVD-BOX

 

 

 

 

なんだかんだで最終回

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

まぁ、放送開始の時にどこかで書いた気もするけど『機動戦士ガンダム』と付ける必要は無い気がする。

まぁ、付けなかったら登場するロボット(MS)が『ガンダムっぽい』って言われちゃうんだろうけどさ(^^;)

前作の『ガンダム Gのレコンギスタ』は「う~む・・・なんだろなぁ~」と思って観なかったらいつの間にか終わってて最終回でどうなったか不明なので、オルフェンズは観てみたw

 

 

「オルフェン」が『孤児』って意味らしく、複数形の「オルフェンズ」で『孤児たち』って事らしい。

とまぁ物知りそうに書いてみたものの、特にたいした文章も説得力ある説明も書けないので、作品の説明やら登場人物の説明やら時代背景やらは公式サイト他のホームページやブログを観るのが間違いも無く安心した文章なので、そちらに任せるとするw

 

最終回を観た感想としては・・・

「この展開だと、やっぱ三日月は死んじゃうよなぁ・・・」だった。

個人的には最終回ではガンダムは大破するものの、主人公は死なない(明確に死んだとしない)というパターンにして欲しいと思ってたんだけどね。

Z ガンダムカミーユシロッコにあっちの世界に精神を連れていかれたり

逆襲のシャアで後にアクシズ・ショックと呼ばれるサイコ・フィールドを使ったアムロの生死は不明(連邦軍的の公式発表では死亡扱い)だったりするけど・・・。

小説では「閃光のハサウェイ」でハサウェイは殺されちゃうんだけど。しかも、何も知らない父親であるブライトに・・・

 

 閃光のハサウェイはマイナーなのと、最後があまりにも悲しいのでアニメ化されないのだろうなぁ。

 

おっと、話が逸れた。

で、オルフェンズの最終回だけど、どこかで観たパターンだと思ったら「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」だわ

  

 マネたとかそういう事じゃなくて、あの展開だと落ち着く終り方はああなるのだろうな。

違うのはルルーシュは自ら望んで悪役となったが、三日月は世界とか大きな事じゃなく目の前にある自分達の居場所を見つけ(守り)たかった。

その後の事をナレーションで語る辺りも似てる(笑)

 

という訳で、結論としては・・・オルフェンズは「機動戦士ガンダム」は無くても観れるアニメだった。

と思うんだけどなぁ・・・。逆に付けてなければMSももっと自由にデザイン出来たんじゃないかと思うんだけど、そうすっとプラモデルが売れなくてバンダイさんに怒られちゃうという大人の事情もあったりするんだろうね(--;)

 

さて、次のガンダムは「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」ですか。

これは「機動戦士ガンダム UC」後の話らしいね。絵の雰囲気が変に今風の目が大きいキャラになってないので良いかもw

ただ・・・登場するガンダムが「NT-1 アレックス」をベースにした設定になってるけど「ポケットの中の戦争」と「機動戦士ガンダム UC」と別々の流れのモノを流用しちゃって大丈夫なのかねぇ(^^;)

まぁ、どういう媒体で観れるかわかんないけど、有料チャンネルだけでの放送じゃなければ観るんだろうなwww

 

G-SELECTION 機動戦士ガンダム0080 DVD-BOX (初回限定生産)

G-SELECTION 機動戦士ガンダム0080 DVD-BOX (初回限定生産)

 

  

 

 てか・・・

トリスタン(Twilight AXISに登場するガンダム)のガンプラってもう発売日決まってるんだ(^^;)

流石はバンダイさんだ・・・

 

さて、どうでも良い事をツラツラ書いてきたので、今回はここまで(笑)

 

 

ガラケー卒業?!

ヤフオクでZenfon3の国内版(未開封)を昨年の年末くらいから探してたんだけど、36,000~39,000円くらいまで値上りするので落札出来てなかったんだけど、先日34,567円で入札を入れておいたのが34,500円で落札できた^^;

後1回誰かが入札したら落札出来てなかったんだけど、世の中こういうものだろうw

色はブラックで、ヨドバシの領収書も付いてる国内版なのでちゃんと技適マークもついてるからdocomoでSIMサイズ交換して貰うのも大丈夫!

国内版 ASUS Zenfone3 ZE520KL ホワイト 3GB 32GB

国内版 ASUS Zenfone3 ZE520KL ホワイト 3GB 32GB

 

最近はVAIO Phone AもDSDSに対応してるので選択肢は増えてきてるんだけど、やっぱりデザイン的にはZenfone3が個人的には好き。

会社携帯は数年前にiPhone 3GSに変えてからiPhone 4siPhone 5siPhone 7って感じに機種変をしてきてて、5sは下取りに出したけど4sはiPod touchっぽくWiFiのみで利用してる。

これに、L-09CというdocomoのモバイルルータにOCN モバイル ONEのSIMを突っ込んで使ってて、更にiPad2を持ち歩いてる。


個人携帯は常に電話する相手は1人くらいしか居なかったし、後はたまーに家の者からあるくらいだった。

ただ、常に電話してた相手とたまーに長話しちゃうと電話代の請求が一時期2万近くになってたので、慌ててカケホーダイのプランに変更した(笑)

まぁ、その相手も今は音信不通なのでカケホーダイプランにしておく理由が今のところはあまりないが、また相手が出来た時に変更するのが面倒なのでこのままにしとくかな。

で、その時にiモードをSPモードに変更したのでガラケーではパケット通信が出来なくなってたのだけど、Zenfone3にすればパケット通信が必要になるよね。。。

1つはL-09Cに入れてるOCN モバイル ONEのSIMをサイズ変更して使うプランだけど、モバイルルータは何かと使い勝手良いからなぁ・・・

という訳で、LINEモバイルやDMMなどの一ヶ月 1GBが500円~700円くらいで契約できるSIMを契約してパケット通信用にZenfone3に突っ込むのが良いかなぁ~と思ってる。

そうなると、持ち歩くデバイスが・・・

iPhone 7(会社携帯)

・Zenfone3(個人携帯)

・L-09C(モバイルルータ)

iPad2

iPhone 4s

ん?ガラケーがZenfone3に変わっただけか?

SIMの契約は1つ増える事になるが・・・

う~ん。4sで受けてたメッセージをやりとりしてる相手とは音信不通だから、とりあえず7で受けれるようにしておいて

LINEはほとんど利用してないけど、アカウント再取得面倒だから4sからZenfone3に移行

あれ?これくらいで4sを持ち歩く必要はなくなるのか。流石にスマホ端末を3台も持ち歩くのはどうかなぁ~と思うので、Zenfone3の環境が整ったら整理しようか。

早く届かないかなぁ~(^^)

 

でも、その前に会社の健康診断(不健康診断と個人的には言ってるw)があるので、それを受けてからゆっくり考えようか。

 

 

くろーにー(chrony)って何者だ?

最近、RaspberryPi3をCentOS7で動かしてるんだけど、RaspberryPiはボタン電池が無いのでntpはちゃんと実行しとかないとなぁ~とyumでインストールしてenableにしたはずなのに再起動しても起動してない(--;)

でも、時間はズレてないんだよなぁ・・・

 


最近のおもちゃ(笑)

Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】

Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】

 

 

モニターも欲しいけど、今のところはSSHで大丈夫な事しかやってないwww


 

とりあえず動きゃ良いかとrc.localに起動するように書いてみたけどダメ(--;)

というか・・・rc.localもCentOS7ではデフォルト実行されないのね。。。

ファイルに以下のように書いてある

 

  # Please note that you must run 'chmod +x /etc/rc.d/rc.local' to ensure

  # that this script will be executed during boot.


うむぅ、英語はよくわからんが書いてあるコマンドから起動時に実行したけりゃrc.localに実行権(chmod +x)つけてね。みたいな事が書いてある。

 

おっと、話がそれた。

で、ntpdが起動しなかった理由はGoogle先生に聞いてみると色々な人がblogに書いてるので詳しい事は検索して調べてくれたら良いんだけど、簡単に言っちゃうと『CentOS7からは時刻合わせ用のクライアント兼サーバはntpdから「chrony」に変更になってるそうな。

chronydとntpdは排他処理がされていて起動時にどちらもenableになってるとchronyが有効になる。

  systemctl start ntpd

という風に手動でコマンドを実行してやるとntpdが起動してchronyが停止する。

今後はchronyを使うべきなんだろうけど、今回はPHPからntpdが起動してるかチェックしてるので、chronyをdisableにした。

 

知らない事って怖いねぇ~もっとしっかり見とかなきゃな(--;)

 

 最近はCentOS7の本も増えてきたねぇ。

これは会社で買った。

CentOS 7実践ガイド (impress top gear)

CentOS 7実践ガイド (impress top gear)

 

 

こういうのってKindle Unlimitedにあるんかなぁ?

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

標準テキスト CentOS 7 構築・運用・管理パーフェクトガイド

 

 

実践!  CentOS 7 サーバー徹底構築

実践! CentOS 7 サーバー徹底構築

 

  

TECHNICAL MASTERはじめてのCentOS7Linuxサーバ構築編

TECHNICAL MASTERはじめてのCentOS7Linuxサーバ構築編

 

 

CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu)

CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu)