ハニカム構造

以前、何かの懸賞で当たったモバイルスキャナ。EPSONのDS-40

EPSON スキャナー DS-40 (モバイル/乾電池駆動/Wi-Fi対応)

EPSON スキャナー DS-40 (モバイル/乾電池駆動/Wi-Fi対応)

 

 ノートパソコンが色々手に入ったので、Wi-Fi接続を試してみた。

 

何か取り込むモノを・・・って事で謎の4コマを描いてみた。もちろん、漫画がメインじゃなくて、Wi-Fiで取り込める事を確認する事がメインだよ。

だから、面倒なので取り込んだ画像をそのまま貼り付け(^^;)

f:id:hos-b4:20180116014421j:image

 

ちなみにこの財布はこの記事で書いたヤツ。 

miyako.hatenablog.jp

 

後で大阪に行って直接見て買った(実際にはプレゼントとして買ってもらった)
今でも大切に使ってる。

 

実はかなりここの商品が気に入ってるので、もし今のがダメになっても同じメーカーのを買おうと思ってる。

ちなみに絵の中でハニカム構造と書いてるが、実際にはハニーセルと言う(笑)

2018年はロシアワールドカップ

元旦の天皇杯セレッソ大阪が延長戦を制して初優勝(セレッソ大阪としてはね。前身のヤンマーディーゼルの時に優勝した事はある)
決勝点を決めた水沼宏太はデビューは対戦相手だった横浜Fマリノスで、父親はマリノスのMFだった水沼貴史氏だ。

まぁ、父親と比較されるのは本意では無いかもしれないけど、いずれは宏太の父親は貴史だったんだ。と言われるくらいの活躍をして欲しい。


今までのセレッソに居ないタイプの選手で、セレッソ大阪としてはこのままFC東京から水沼宏太を完全移籍で獲得したいところだろうけど、結果を出しちゃったのとFC東京の2017年成績がイマイチだった事を考えると拒否される可能性はあるよねぇ・・・。2017年に川崎フロンターレから獲得した大久保が1年で退団(川崎フロンターレに出戻った)というのもあるし(--;)

 

ワールドカップ開催年なんで代表を活性化させるような選手が一人でも多く出てきてくれるのは嬉しい事だと思う。

そういえば、ドイツからあの男がJリーグに復帰する。

内田篤人は出場機会を求めて2017年夏にシャルケからウニオン・ベルリンに移籍するものの怪我の影響もあって試合に出る機会がなく、鹿島へ復帰する事が正式に決まった。

サッカー選手なんで試合に出れる環境を求めるのは普通の思いなんだろうけど、現時点で出場機会を求めてJリーグに復帰するってのは、日本代表としてワールドカップ出場を真剣に考えてるからだと思う。

個人的には若手を育てる必要があるんで室谷とか酒井とかを選んだ方が良いと思うけど、車屋よりかは内田の方が良い気はする(^^;)

淡々黙々。

淡々黙々。

 

さて、おそらくロシアワールドカップとはほぼ関係が無いと思われるが、地元京都サンガの事も少し触れておこう。

まず、1月20日にようやく京都スタジアム(亀岡)の着工式が行われる。当初は2018年とか2019年とか言われてた完成予定が2020年の春まで遅れたのは計画の甘さ・・・。
さらにサンガのファンイベントで煽ったゼロタッチにしても4面を天井で覆う事で風通しが悪くなり芝の育成に良くないとかで1.2メートル上がる事に・・・まぁ芝を張り替えると1回で数千万とかになるのであれば仕方ないのだろうけど、これも設計の甘さゆえ・・・。

 

大黒選手が再び期限付き移籍。今度は栃木SCだそうな・・・。完全移籍でも良いのに(--;)

 ハ・ソンミン、ケヴィン・オリス、イ・ヨンジェの3選手は契約満了で、新しくウルグアイ人を2選手とブラジル人を1選手を期限付き移籍で獲得。

しかし、ウルグアイの選手がJリーグで活躍したってイメージが無いのだけど大丈夫なんだろうか??
一番有名なのはセレッソ大阪が獲得したフォルランなんだけど、2年で17ゴールだけで去ってしまったからねぇ・・・。

名前だけの高給取りよりかは20代前半の若手を獲得したのは評価できるかもしれない。助っ人というよりかサンガで育てるって感じで使って欲しいものだ。

そういや、田中マルクス闘莉王はどうすんのかねぇ?
宿敵である名古屋グランパスが1年でJ1復帰しちゃったので目下の敵はJ2には居なくなった事になるので、モチベーションが保てるのか?
というか、FWで使うの辞めたって(--;)
本人がどう思うかわからないけど、個人的にはアンカーとして使うのが面白い気がするんだけどねぇ。

日本ハム 栗山監督や前DeNA 中畑監督みたいに積極的に若手を起用して、どんなに結果が出なくても辛抱して使い続ける覚悟がある監督が良いなぁって思う。

まぁ、監督交代は無いっぽいので今年の起用方法を見てると無理だろうなぁ^^;

www.sanga-fc.jp

若手で良い選手が揃ってると思うんだけどなぁ・・・。去年の経験に上積みして上を狙えるチームになれるか?・・・・・・無理だろうなぁ(--;)

あれ?

今年も有馬記念が終わって、次は来年の金杯だなぁ~と思ってたら

12月28日(木)に競馬があるの?

しかも、ホープフルステークスG1)とか・・・1年の締めは有馬記念であって欲しいのに・・・なんで有馬記念の後に競馬があって、しかもG1とか言われてもなぁ(--;)

なんかイマイチな感じがする。

 

生き残るのは誰だ!?

田中芳樹の「アルスラーン戦記」がようやく完結した。
16翼将って設定はおそらく最初から決まってたと思うんだけど、全員が揃ったのが14巻(^^;)

それから残り2巻で一気に戦死していく・・・良くも悪くも田中作品らしいw

もはや誰が死ぬかよりも、誰が生き残るかを聞いた方が早い(--;)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

 

 さて、その16翼将のメンバーはこんな感じ。 < おぃ!!

f:id:hos-b4:20171224232435j:plain

最終巻を読み終わってるので、どうなってるかわかってるのだけどネタバレするのも微妙なので、15巻を読み終えた時に思った予想なので気になる人は16巻を読んでみて(笑)

 

さて、エラムが◎な理由はナルサスの弟子って理由。
田中作品に多いのはその人物の役割を未熟とはいえ引き継げる人物が居ると戦死してしまう。なので、その弟子は死なない。事実15巻で既に・・・

ファランギースはなんとなくだけど全てが終わった後の物語をまとめる為に必要な気がするからってだけw

ダリューンは双璧が二人とも・・・って思ってね
キシュワードファランギースと似た理由

しかし・・・田中先生は銀河英雄伝説では主役であるラインハルト・フォン・ローエングラムヤン・ウェンリーも最後まで生き残ってなかったんだよなぁ~って事をすっかり忘れてた。

最後まで読むと数年後の話になってるので、蛇王との闘いが終了した時点での生き残りって事でここまで書いてきた。

答え合わせは是非自分で読んで確認して欲しい(^^)

 

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)

 

 

さぁ!有馬記念だ!!

今年最後の競馬!(と言っても年明け5日には金杯があるけどw)
G1の締めくくり!有馬記念がクリスマスイブの24日に発送する。まぁ、独り者にクリスマスなど関係無いのだけどなw

木曜日に枠の抽選があり、金曜日から前々日販売してるので既にオッズは出てるのだけど、とりあえず見ないで予想してみた。

f:id:hos-b4:20171223015434j:plain

3番人気までは恐らく順当な線だと思ったが、オッズをみたらまさしくこの通りだったwww

キタサンブラックは最後のレースって事もあるし、一昨年が3着で去年が2着。
この流れで武豊が騎乗してれば・・・って感じ


スワーヴリチャードは皐月賞の6着以外は全て連に絡んでいる。
2-1-2-1-(6)-2-1
って成績で来てるので、なんとなく2着であって欲しい(笑)

 

シュヴァルグランは元プロ野球選手 佐々木さんが馬主。
なんで、この人は呼びにくい馬名にするんだろうねぇw
福永のお手馬っぽかったのに、G1で勝ちきれなくてジャパンカップでH.ボウマンに乗り替わったらイキナリ勝たせちゃって・・・福永残念!!

 

ん?待てよ!!

スワーヴリチャードもシュヴァルグランも父親はハーツクライか。
出走表をじっと見つめてると、この2頭以外にも父がハーツクライの馬が2頭も居るじゃないですか。
サトノクロニクルとカレンミロティックだ。
サトノクロニクルは勝つのは厳しいけど、3着までには絡んでくる可能性があるなぁ。

 

という訳で、買いに行くかは別にして・・・もし買うなら

 2-6-10
 2-6-14
 6-10-14

この3点でどうだろうか?

1点1,000円買うとしても3,000円なら年末ジャンボ宝くじを10枚買ったと思えば同じか・・・
でも、行ったら有馬記念だけで終わるかなぁ(笑) 

競馬四季報 2017年 10 月号 [雑誌]

競馬四季報 2017年 10 月号 [雑誌]

 

 

CentOS7.4にGlusterFSをインストールする

インストールはCentOSリポジトリからyumでインストール出来るんだけど、IPv6を無効にしていると起動しない。

 

理由はGlusterFSはrpcbind.serviceを使ってるんだけど、rpcbind.serviceはrpcbind.socketを使っていて、設定ファイルに

 BindIPv6Only=ipv6-only

って書いてある。
なので、IPv6を無効にしてしまうとGlusterFSが起動しないって事になる(--;)

 

という訳で、今はまだIPv6を使うつもりがないのでrpcbind.socketの方にIPv6を諦めて貰う事にするw

# vi /etc/systemd/system/sockets.target.wants/rpcbind.socket

-----
[Unit]
Description=RPCbind Server Activation Socket

[Socket]
ListenStream=/var/run/rpcbind.sock
#ListenStream=[::]:111  ← この行をコメントアウトする
ListenStream=0.0.0.0:111
BindIPv6Only=ipv6-only

[Install]
WantedBy=sockets.target
-----


後はサーバを再起動するなり、サービスを再起動するなりして正常に起動してくるか確認する

 

 

CentOS 7実践ガイド

CentOS 7実践ガイド

 

 

Glusterfs

Glusterfs

 

  

Network Storage: Tools and Technologies for Storing Your Company’s Data

Network Storage: Tools and Technologies for Storing Your Company’s Data

 

 

KVM 管理ツール

会社にある古いNEC Express5800には今では消えると困るPHPで作った管理ツールがいくつか動いている。
KVMで動いてるのでサーバを移設する事は簡単なのでHP DL360G7の中古をヤフオクで買って貰った。

コマンドラインで管理しても良いのだけど、どうせならWEBベースで管理出来た方が良いかと思ったのでオープンソースで使えそうなのを探してみた。

結論から言うとセキュリティとかあまり気にしない社内サーバであれば「kimchi」が構築も運用も楽っぽい。

oVirtもインストールしてみたけど、本格的過ぎて運用が面倒なのとメモリを食いすぎるのがネックで諦めたw

で、kimchiは前から検証とかしてたので、インストール手順が残してあったんだけどなぜか書いてある通りにしても動かない??

考えてもわからないのでGoogle先生に聞いてみるとどうやらRPMがあるみたいなのでサクッとyumでインストールする。

yumを使えば依存関係で必要なモノも勝手に入れてくれるからねw

yum -y install epel-release
yum -y install https://github.com/kimchi-project/wok/releases/download/2.5.0/wok-2.5.0-0.el7.centos.noarch.rpm
yum -y install http://kimchi-project.github.io/gingerbase/downloads/latest/ginger-base.el7.centos.noarch.rpm
yum -y install https://github.com/kimchi-project/kimchi/releases/download/2.5.0/kimchi-2.5.0-0.el7.centos.noarch.rpm

 

バージョンはアップデートするだろうから、ファイルがみつからないとかのエラーになったら階層をさかのぼって確認してちょ(^^;)

 

インストールが終わればCentOS7の場合Firewall-cmdの設定をする

 

firewall-cmd --add-service=wokd --permanent
firewall-cmd --reload

 

次にサービスの起動と自動起動の設定

systemctl start libvirtd 
systemctl start wokd 


systemctl enable libvirtd
systemctl enable wokd

 

VNCのキーマップが英語なので日本語にする為にPythonファイルを修正する

cd /usr/lib/python2.7/site-packages/wok/plugins/kimchi/xmlutils
vi graphics.py


変更前
graphics = E.graphics(type=params['type'], autoport='yes',
変更後
graphics = E.graphics(type=params['type'], autoport='yes', keymap='ja',

python -c "import graphics"
python -O -c "import graphics"


systemctl stop wokd
systemctl start wokd

 

こんな感じでOKだと思う。
買ってもらったサーバにインストールする時に不備があれば修正するよ(^^;)

 

本当は自宅サーバもWEBベースで管理できるようにしたいんだけど、CPUのスレッド数とメモリ量を考えるとコマンドラインの方が良いんだろうな

 

 

KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド

KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド

 

  

Mastering Kvm Virtualization

Mastering Kvm Virtualization