余ったパーツを再利用

この前、30分くらいで自動的に落ちるエコ(?)なノートパソコンを修理する為にヤフオクで同型のDynabook R732/Fを落札して無事に修理が完了した。

ちなみに、落ちる原因はデバイスマネージャーで「Intel Management Engine Interface」が正常に動作しておらず、ファンが制御できずCPUが熱暴走して落ちてるみたいだった。

f:id:hos-b4:20170915225151j:plain

で、このパーツ取りに落としたジャンクPCは放置してたのだけど、ふと液晶パネルを取り外して外部モニターに出来ないか?と思って調べてみた。

すると、液晶パネルを使って外部モニターを自作してる人が結構いた。

 

あっ・・・最後まで読んだら失敗してる話だった(^^;)

akkiesoft.hatenablog.jp


話は戻って、R732/Fの液晶パネルは『LP133WH2-TLM4』というのでした。 

で、このままではタダのうすーい板なのでLCDコントローラが必要になる。どうやら『M.NT68676.2A』というコントロール基盤が汎用性が高くてLP133WH2-TLM4にも使えるようなのでAmazonでポチった。

 

 

LP133WH2-TLM4は13.3インチなんだけど、ワイドなのでA4サイズには収まらない。なので、B4サイズの額をダイソーで買ってはめ込んでみた。

う~ん、B4サイズはあまりにも中途半端なサイズで鞄にも入らないからどうすっかなぁ~

f:id:hos-b4:20170915223544p:plain

 

で・・・ふとアルミの鞄の内側にモニターが付いてたら面白いんじゃないかと思って再びAmazonでポチった。

Astage アルミツールケース AL-A003 [W約35.6×D約10.3×H約31cm]
 

早く試したくて、お急ぎ便で買ってしまった(笑)

f:id:hos-b4:20170915222545p:plain

 

内装が黒でモニターがうまく同化するんじゃないかと期待しつつ貼り付け開始w

f:id:hos-b4:20170915223050p:plain

 

とりあえずこの状態でちゃんと映るかチェックしてみる。

f:id:hos-b4:20170915204858j:plain

ニコイチで直したR732/FとHDMIで接続。ACアダプタは12V 2Aくらいと書いてあったが9V 1Aので映った(5VのACアダプタでは画面出力が出来なかった)

さすがに元々は同じパソコンなので並べても画面だけなら違和感無いwww

 

なんか思ったより良い感じに収まってるので良しとする(笑)
液晶画面の保護にアクリル板を貼りたいけど、ちょうど収まるサイズなんて売ってないだろうなぁ~(^^;)

f:id:hos-b4:20170915222950p:plain

折角なのでTOSHIBAロゴのベゼルも利用してみる。最終的に下の方は何かで隠す予定なので特に加工せずに外したのをそのまま使ってるwww


これにRaspberryPiや小さめのUSBキーボードなど詰め込めば保守セットみたいな使い方が出来ないかなぁ~と思ったり(^^)

まぁ、小型のモニターとノートパソコンを持っていけば良いだけなので、需要はなさそうだけどねwww

 


 

 

 

 

 

 

 

 

Certification Authority Authorizationとは?

CAAレコード・・余り聞きなれないレコードだけど、Certification Authority Authorizationって事らしく、bindやPowerDNSなどほどんどのDNSサーバで対応しているレコードらしい。

SSL証明書を使ってない人にとっては、それがどうしたなんだけど(^^;)

 

どうやらCA/BrowserForumでSSL証明書を発行するには、そのドメインサブドメインで証明書を発行できる認証局を指定しておく事ってのが必須と決まったそうな。

なので、2017年夏以降に徐々に対応し始めてるみたいなので利用してる業者によっては既にSSL証明書を取得にはCAAレコードを追加しておく必要があるかもしれない。
ただし、すぐには出来ないだろうからってのでSSL発行業者の方で一定期間はCAAレコード無しでも発行できる対応をするそうな。

CAA対応についてはRFC6844への準拠って事らしい。

RFC 6844 - DNS Certification Authority Authorization (CAA) Resource Record

 

例えば、Let's Encryptのみを許可したい場合のbindのzoneファイルには以下の様に追記する

例)
example.jp    IN  CAA 0 issue "letsencrypt.org"
example.jp    IN  CAA 0 issuewild ";"
example.jp    IN  CAA 0 iodef "admin@example.jp"

 

1行目のissueで認証局を指定。

  example.jp    IN  CAA 0 issue "letsencrypt.org"
  example.jp    IN  CAA 0 issue "fujissl.jp"

こんな風にissueを複数行書けば信用する認証局を増やす事は出来る(はず)


2行目のissuewild ";"はワイルドカードを使ったSSL証明書は申請を拒否する場合にこのように書くそう

 

3行目は不正な証明書登録や更新をされた場合の連絡先メールアドレスです。

 

# dig example.jp caa
って問合せすればちゃんと返事がある。

なるほどねぇ~

 

 

 これは関係ない(笑)DNSって検索したら最初に出て来た(^^;)

DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 1000g

DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 1000g

 

 

 こっちは構築した事ないんだよねぇ

Powerdns

Powerdns

  • 作者: Jesse Russell,Ronald Cohn
  • 出版社/メーカー: Book on Demand Ltd.
  • 発売日: 2012/08/18
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 おぉ~こんなのあるんだ。買わないけどねw

インターネットRFC事典―Request for comments (ポイント図解式)

インターネットRFC事典―Request for comments (ポイント図解式)

 

 

RFCの読み方―インターネット技術の公式仕様書

RFCの読み方―インターネット技術の公式仕様書

 

 

ポイント図解式 インターネットRFC事典 増補版

ポイント図解式 インターネットRFC事典 増補版

 

 

うむぅ~やっぱ発売日が新しい本の方が最新情報になってるだろうから良いんだろうね

 

フルカラーLEDで遊んでみた

最近仕事で電子工作してるのだけど、フルカラーLEDを買って遊んでみた。

マルツでとりあえず1つ購入。

買ったのはこのタイプ。

RGBのそれぞれの足に電気を通してやると点灯する。なので、1つのLEDでフルカラーで色を変化させるにはGPIOが3つとGNDが1つ必要になる。GNDは共通で使えるけどね。
さらに問題なのはRaspberryPiはハード的にPWM制御できるのは1つだけで、複数の制御をしたい場合はソフトウェア的に疑似的にするしかない。

 

そこで、複数のLEDを制御して流れるように光らせたり、場所によって色を変えたりする場合はLEDドライバってマイコンが必要になる

これだと16チャンネルなので、おそらく5個まで個別に制御が出来るんじゃないかと・・・たぶんだけど。

 

で、そんなのが面倒な場合はLEDに制御用のドライバが組み込まれてるモノがある。 

最初に買ったのと同じ4本脚なのだけど、こちらはVCC+GND+DataIN+DataOUTの4つ。

 

さらにLEDを加工するのが面倒な場合はテープ型を買えばOK(^^;)

 

 

これだとGPIOが1つで良いのでRaspberryPiでも多くのLEDを制御する事が出来る。
いやーなかなか楽しい電子工作(笑)

 

 

4-3-3ではなく、4-1-4-1

オーストラリアに勝てるか微妙と思ってたが、結果は2-0で快勝。

浅野と井手口のスタメンは読めなかったが、復帰した長谷部がスタメンならアンカーの可能性が高いんじゃないかって気はしてた。

特に浅野のポジションは久保が結果を出してたから浅野を起用したのは驚いたが、その浅野が先制点を奪ったし、追加点は井手口だったし完全に脱帽です。

 

アンカーを置くフォーメーションは南アフリカ大会で岡田監督が本番直前に採用している。その時のアンカーは阿部勇樹だったけどね。

ただ、同じフォーメーションだけど監督によって戦術は違う。

岡田監督は元々パスサッカーの戦術で戦っていたが、相手のカウンターに弱く、本戦で戦うトップレベルの国が相手では簡単にやられると判断して、点を取られないようにする為に阿部をアンカーにしていたはず。

今日のハリルホジッチ監督の戦術は前線からプレッシャーをかける走るサッカーをする為、その舵取りとして長谷部をアンカーという中心に置いたんじゃないかな?

ロシアでもこれで行くのであれば、トップ下というポジションは無くなる。香川や本田が本当の意味で生きるポジションが無くなるんだよなぁ。まぁ、世代交代も必要やし相手や出場選手でフォーメーションを動的に変える監督なので、香川や本田が出た時は4-3-3(ダブルボランチ)にするかもな。

 

 

しかし、気になるのは試合後の会見で「家族の問題」という事でハリルホジッチ監督が帰国(監督辞任?)を考えてたって事。

ロシア大会は指揮をとれないって可能性があるって事なんだろうか??

 

 

 

あぁ勘違い(笑)

さて、今夜(2017年8月21日)はロシアワールドカップ アジア最終予選 日本 vs オーストラリアが行われる。

それに先立ち、2017年8月29日にUAE vs サウジアラビアの試合が行われていた。

結果はUAEが2-1で勝って2位のサウジアラビアが負けたので、日本としては「UAEありがとう!」なんだけど(日本は1位)

Yahoo!のニュースを見てたら、こんなタイトルが・・・

f:id:hos-b4:20170831141341j:plain

うむぅ~なんでUAEハリルホジッチ日本代表監督にありがとうなんだろう?と思ったら、UAEのエース?が「ハメド・ハリル」だった(笑)

 

ハリルホジッチ 勝利のスパイラル

ハリルホジッチ 勝利のスパイラル

 

 

あぁ、勘違い(--;)

 

さー最近は代表の試合も注目度が下がってるみたいだけど、オーストラリアに勝ってホームで決めて欲しいところだ。

 

40歳半ばにして電子工作に目覚める(謎

某所のハロウィンイベントを任された奴から、こんな事したら面白いと思わない?(公表して良いかわからんので、場所も内容も内緒w)って相談があったので、RaspberryPiにUSBカメラ付けて、Motionを使って動体検知してOpenJTalkで作ったwavファイルを再生したら面白いんじゃね?

という流れから、ついでにLEDも点灯したら?とかファン(扇風機)回して風を送ってみたらとか、CDROMのトレイを開かせて(ぉw)中に変なモノを入れとくとかイロイロとアイデアが出て来た。

USBカメラとMotion(FFMpeg)+OpenJTalkだけなら電子工作とか要らないんだけど、LEDを光らせたりファンを回したりするのはGPIOを使う必要がある。

という訳でとりあえずGPIOとはから始める(笑)<そこからか^^;

 

RaspberryPiだけどOSは普段から使い慣れてるCentOS7を利用

GPIOを使う手順は以下の通り(例:GPIO21を使う場合)

ブラッドボードを使ってGPIO21(40番ピン)とGround(39番ピン)をLEDに接続する。本当なら抵抗を入れた方がいいのだけど、LEDが3VでRaspberryPiのGPIOが3.3Vらしいので、今回はテストなので直結した。

 

 ※こんなセットが2,000円くらいで売ってるんだ(--;)マルツでブラッドボードと接続する線だけで800円くらいしたのに。。。むー

 

ここからはOS側の設定

 # echo 21 > /sys/class/gpio/export

これでGPIO21を使う準備が完了

 # echo out > /sys/class/gpio/gpio21/direction

これでGPIOをoutで使うと設定

 # echo 1 > /sys/class/gpio/gpio21/value

1がHIGHで3.3Vが流れるのでLEDが点灯する。逆に0にすると消灯する。
デフォルトのValue値が0か1かは使用するGPIOによって違う(はず)

 

次にファンを回そうと思ったらパソコンのファンって基本的に12Vか5Vなので3.3Vではちゃんと回らない(会社に12Vのファンしかなかったから5Vは試せてないんだけどね・・・5Vだったら低速で回るんじゃないかな・・・)

ちなみに、RaspberryPiは2番ピンと4番ピンに5Vが流れてるので、こことGroundを繋いでやれば12Vのファンも低速で回る。

モーターを付けて回してやろうかとも思ったけど、それだとちゃんと回路を組まないとRaspberryPiが壊れる可能性があるのでまだ試してない。一応会社の備品なのでw

次に、音声を出そうとしたらハマった(--;)

alsa-utilsをインストールしてaplay -lとかしてもデバイスが見つからない。

ドライバがロードされてないからと思ってmodprobe snd_bcm2835を実行するとlsmodでは表示されるようになったがaplay -lでは相変わらず何もデバイスが表示されない(--;)

どうも、RaspberryPiというよりもCentOS7(カーネルのバージョンが4.4.x以上)でalsamixerとか使うには/boot/config.txtに以下の1行を書いておく必要がある。

dtparam=audio=on

もし、音声がかすれるようであれば以下の行も追加する

audio_pwm_mode=2

 

ファイルを保存して終了したらサーバをrebootする

 

後はMotionで動体検知した時に実行するBashスクリプトを作成する。

今回は

 LEDを点灯→音声ファイルをランダムで再生→数秒間スリープ→LEDを消灯

ってスクリプトを作成

まぁ、実際のスクリプトは書かなくても大体想像できるだろうから省略(笑)

一応Motionがスクリプト実行中でも動体検知しちゃうのでスクリプトが実行中はPIDファイルを作成して多重実行は出来ないようにはしている。

ただ・・・ダイソーで買った100円スピーカーでは音量100%にしても耳に当てないと音が聞こえない(--;)

やっぱアンプが必要だよなぁ・・・って感じ < 今ここ

 

ここまで来るとちょっと別のセンサーとか付けて動かしてみたいとか思いだすw
で、Amazonで調べてみると赤外線の人感センサーが数百円で売ってる。

ちなみに、同じようなのがマルツ(リアル店舗)は800円くらする(--;)

 

シレっと社長にメールして「新しいサービスの検証」って謎の理由で購入をして貰った(笑

これがちゃんと動けばMotionとかFFMpegとかインストールしなくてもGPIOの入力値を監視するデーモンを作ってしまえば簡単に人感センサーとして使えるので便利かも。
さらに悪ノリ?してスピーカーの音量を上げるのにアンプモジュールも購入して貰ったwww


GPIOを使えば電源ボタンが無いRaspberryPiに電源ボタンを追加する事も可能だ(電源OFFしか出来ないけど^^;)

RaspberryPiを使って実際にサービス展開を考えるなら電源ボタンも付けたい所だなぁ~

ってな事を考えていると、市販のケースに綺麗に収まるオプション用のGPIO部の蓋が欲しくなってきたが、さすがにそれは売ってない。

こうなったら3Dプリンタを買って作るか?

 

3Dプリンター ダヴィンチ mini w (無線LAN対応 Wi-Fiモデル)

3Dプリンター ダヴィンチ mini w (無線LAN対応 Wi-Fiモデル)

 

これだと4万くらいでZenfon3の定価よりも安いんだよなぁ~(笑)
ソフトも無料提供されているらしいのでお試しには良い商品なんだけど、流石にこれを買ってくれと言っても通らないだろうなぁ^^;

自分で買うにしたら少し高い・・・10月30日誕生日なんだけどなぁ~(チラッ
って、こんな高価なモノはもとより、そもそもプレゼントくれるような人は居ないのだけど(--;)

 


 

 

 

 

 

 

 

うむぅ

今クール(2017年7月~9月)で遺留捜査シーズン4が放送されている。
なぜか京都に異動になった糸村。
まぁ、撮影スタジオが東京と京都しかないからだろうけど、東京と京都の刑事ドラマが多いABC(テレビ朝日)(笑)

どんな人がどの部署に居るのか気になったので書き出してみたら面倒な事になってきたので、途中で諦めました(^^;)

 

 

■京都
京都府警捜査一課特別捜査対策室
 警部補
   糸村聡(遺留捜査)

京都府警捜査一課
 警部補
   土門薫(科捜研の女

京都府科学捜査研究所
 係官
   村木繁(遺留捜査)
 法医学研究員
   榊マリコ科捜研の女

■東京
警視庁刑事部捜査一課9係
 係長
   加納倫太郎(警視庁捜査一課9係
 巡査
   浅輪直樹(警視庁捜査一課9係
 巡査部長
   小宮山志保(警視庁捜査一課9係
 警部補
   村瀬健吾(警視庁捜査一課9係
 警部補
   青柳靖(警視庁捜査一課9係
 巡査部長
   矢沢英明(警視庁捜査一課9係
 
警視庁第11方面本部準備室
 巡査部長
   天樹悠(刑事7人)

警視庁組織犯罪対策部 特命係
 警部
   杉下右京(相棒)
 巡査
   冠城亘(相棒)

警視庁総務部広報課
 課長
  社美彌子(相棒)

警察庁長官官房付
 警視監
   甲斐峯秋(相棒)
 警視
   神戸尊(相棒)

 

 

遺留捜査DVD-BOX【DVD】

遺留捜査DVD-BOX【DVD】

 

 

相棒 season 1 DVD-BOX

相棒 season 1 DVD-BOX